こちらに共通ヘッダが追加されます。
what's new
  1. 社会学部/社会福祉学科ホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(what's new)
  3.  > 《予定》 同志社大学社会福祉学会 実践研究プロジェクト 研究会ご案内

《予定》 同志社大学社会福祉学会 実践研究プロジェクト 研究会ご案内

'18年2月1日 更新
Up coming Activities
 今年度、同志社大学社会福祉学会実践研究プロジェクトは、姜民護先生、野村裕美先生が事務局となり、卒業生からなる理事のみなさんと一緒に活動しています。
 今週2月4日には、実践者がみずからの実践をまとめたいというニーズに応えるために今年で4回目となる研究会を企画しています。当日参加でも大丈夫です。ご来場をお待ちしております。

内容:児童相談所の家族再統合に向けた心理的支援~子ども虐待の現場実践からのモデル構築の試み~
主旨:「子どもの安心・安全を確保しながら家族再統合に向けた子ども・家族・援助者の関係性をいかに構築するのか」こうした
    現場の課題に対して、私は児童相談所などの子ども虐待対応の 現場で働きながら、実践と研究を積み重ね、新たな心
    理的支援の可能性を模索してきました。具体的な方法としては、私が児童相談所などの現場で働く中で抱いた疑問や葛
    藤から出発し、さまざまな現場の職員にインタビューを実施することで、現場実践からボトムアップに理論を構築し、実際
    に私が家族再統合支援を行った事例を通して実践的な検討を加えました。このようなプロセスには、さまざまなケース、
    そして仲間たちとの出会いがあり、多くのことを学ばせてもらいました。今回は、こうした研究成果について紹介します。


   ●日    時 : 2018年2月4日(日) 14:00~17:30(受付13:30 ~)
   ●場    所 : 同志社大学今出川キャンパス良心館301号室
   ●対    象 : 同志社大学社会福祉学会 学会員、その他
   ●参 加 費 : 無料
   ●講    師 : 千賀則史(せんが・のりふみ)氏
             名古屋大学ハラスメント相談センター講師
             心理学博士。臨床心理士。
             主な著書『子ども虐待 家族再統合に向けた心理的支援―児童相談所の
             現場実践からのモデル構築』(単著、明石書店、2017年)
   
   ●申 し込み : 参加希望の方は資料準備等の都合上、「電話」もしくは「メール」で学会事務局までご連絡ください。
             ただし当日会場に直接お越しになっても構いません。
               学会事務局 ☎075-251-3483、メール:dofukugakkai@yahoo.co.jp

関連書類