こちらに共通ヘッダが追加されます。
what's new
  1. 社会学部/社会福祉学科ホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(what's new)
  3.  > 《活動報告》学生委員会の活動 経過報告「フレッシュマンキャンプ2018」「福祉研究」

《活動報告》学生委員会の活動 経過報告「フレッシュマンキャンプ2018」「福祉研究」

'17年11月24日 更新
Reports on our Activities
 学生委員会では、いくつかのプロジェクトが動いています。3回生が主に幹部となり、学年を超えた交流や学びの機会をさまざまな形で生み出していきます。
 まずは、「フレッシュマンキャンプ2018」の準備。来春入学の新入生を向かえるために、通称フレキャンリーダーが中心となり、夏前から準備を進めています。今年度「バザール・カフェコラボプロジェクト」というものも立ち上がりましたが、学園祭で出店できなかったアイデアを拾い上げ、バザール・カフェの焼き菓子をフレキャン当日に振る舞うことになりました。今その交渉を教員やバザール・カフェスタッフと詰めているところです。
 そして、「福祉研究」の編集発行作業。地味で正確性が求められる作業ですが、現在3名の委員が分担して取り組んでいます。「福祉研究」には、4回生の卒業論文、3回生ゼミ生によるゼミ紹介、卒論講評や卒業生を送る言葉、学生委員会活動報告などが掲載されます。年度末で試験やレポート作成で忙しくなってくる頃ですが、先生方とメールでやり取りしたり、4回生とやり取りしたり、印刷業者さんと直接やり取り交渉したり、重要な任務を果たしています。
 イベントが成功すること、冊子が見事に仕上がることは大切な目標ですが、そのプロセスを学生同士、学生と教員、学生と職員、学生と外部の方などが共有することにも意義があると思います。3回生以上になると、ゼミ担当教員との関わりが主となってきますが、学生委員会の活動を通じていろんな先生と交流できることも魅力ではないでしょうか。教員一同は学生委員会の活動をいつでも応援しています。

 イベント企画から、活動を記録に残す活動など、多岐に渡る活動に取り組んでいます。1,2回生の皆さんは、担い手として来年どうぞチャレンジしてみてください。
 

 ※バザール・カフェは、元宣教師館を活用した日本基督教団京都教区が現在管理している場所です。滞日外国人など、さまざまな事情のある方への就労の場、学びの場、交流の場を開いています。写真は、カフェスタッフとフレッシュマンキャンプ担当の委員が、当日のおやつについて交渉を行っている風景です。

フレッシュマンキャンプ