こちらに共通ヘッダが追加されます。
what's new
  1. 社会学部/社会福祉学科ホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(what's new)
  3.  > 《学科紹介》 教員の活動紹介 (李彦尚先生)

《学科紹介》 教員の活動紹介 (李彦尚先生)

'17年6月28日 更新
About our Department
今年外国人助手として勤務して2年目となる李彦尚先生の研究紹介です。
日本学術振興会科学研究費助成事業の助成を受け、「地域福祉を推進する中間組織体制の日韓比較と実践モデルの構築」という研究に取り組んでいます。研究目的は、日本の社会福祉協議会と韓国の社会福祉館を取り巻く状況や事業、ソーシャルワーカーの意識に関する比較を通して、直面する危機的状況の実態とその原因を分析し、これらを解決するための実践モデルを開発することが研究の目標です。
今年は、社会福祉館の中間マネジャーで構成されている「日韓実践研究会」にて実践モデルの開発に取り組んでいます。現在、9ヵ所の社会福祉館では岡村重夫(1974)の福祉コミュニティ論に基づき、敬老食堂のモデル事業が実施されており、1ヵ所の社会福祉館では小地域別地域福祉計画の導入を企画しています。11月には日韓ソーシャルワーカーを対象にしたアンケート調査やモデル事業の報告会を企画実施する予定です。この研究は、実践者との協働的研究であり、ボトムアップ方式による実践の政策化や実践理論の構築を図るものと考えています。
(写真掲載には許可を得ています)