こちらに共通ヘッダが追加されます。
what's new
  1. 社会学部/社会福祉学科ホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(what's new)
  3.  > 《学科紹介》 教員の紹介 (姜民護先生)

《学科紹介》 教員の紹介 (姜民護先生)

'17年6月22日 更新
About our Department
本年3月に博士学位を取得し、春から外国人留学生助手として学科の仲間になりました姜民護先生の紹介です。入学式後科目登録を行う新入生オリエンテーションでは、李先生とともに韓国からの留学生たちのサポートをしていただきました。

【姜民護先生】
こんにちは。社会学研究科助手の姜民護と申します。現在、私が取り組んでいる研究内容について少し紹介させて下さい。
私は、親の離婚を経験した子どもを対象とし、彼らの貧困を解決するためにはどのような支援が必要なのかについて研究しています。少し具体的に言うと、「経済的貧困」対「経済的以外の貧困」という「貧困」の概念をめぐる議論を踏まえて、子どもの貧困を経済的側面に限らず、心理・社会的側面から捉えようとしています。「貧困=経済的貧困」という従来の観点に対する批判とともに、貧困層の子どもほど「自己肯定感」「適応能力」「ソーシャルキャピタル」等の心理・社会的状態が良くないという指摘に着目した研究です。
研究目的は、支援の模索及び構造化を通じて、親の離婚を経験した子どもの心理・社会的貧困を断ち切る支援モデルを開発することです。具体的には、支援の模索のために量的調査を用いて「心理・社会的貧困測定尺度」を開発した上で、「心理・社会的貧困の発生要因」を検討します。また、支援の構造化のために質的調査を用いて「当事者」「養育者」「支援機関の職員」という3つの視点から支援内容と実施主体、実施方法を体系化します。まだ、研究構想の段階ですが、社会に少しでも寄与できるように、尽力したいと思います!
ますます、暑くなっていますね・・・この暑さで無気力になりがちですが、元気を出しましょう!

教員紹介

姜民護先生